[米議会下院情報委員会]UFOは本物で脅威だ! 米軍の1000年先をゆく驚異の技術力を保持?

6月25日に米国政府は、UFOに関わる報告を議会に提出する予定だが、それに先立って16日に米議会の機密情報隔離施設(SCIF)で、下院情報委員会の委員(議員)に極秘扱いの背景説明が行なわれた。

その時のことを米国の大衆紙「ニューヨーク・ポスト」が2021年6月16日、電子版で報じて話題になっている。

スポンサーリンク
目次

「UFOは、米国の安全を脅かす可能性」とニューヨーク・ポスト紙

UFO(未確認飛行物体)は、米国の安全を脅かす可能性」とは、米国の大衆紙「ニューヨーク・ポスト」電子版2021年6月16日に掲載された記事の見出しだ。

米国政府は、UFOに関わる報告を2021年6月25日(現地時間)に議会に提出する予定だが、それに先立って同月16日に米議会の機密情報隔離施設SCIF=Sensitive compartmented information facility)で、下院情報委員会の委員に「説明不可能な現象に関する海軍およびFBI当局者との極秘ブリーフィング」が開かれた。

国防総省ペンタゴン内の官僚主義的な争いや、一部の議員からの圧力など、長年にわたるワシントンの内紛を経て、米国政府はようやく、この問題に真剣に取り組むようになったのである。

出席した米国議会の議員たちは、UFOが米国の国家安全保障にとって差し迫った脅威となる可能性があると述べた。

特に注視される問題は米海軍が目撃したり記録したUFOが本物かどうか、それはエイリアン(異星人)の乗り物かどうかということだ。

地球外生命体の存在については、議員たちは監視室の中ではほとんど秘密にしており、何を知ったかを記者たちに話すことは避けた。

しかし、一部の議員は、UFOはアメリカの外国の敵国がコントロールしているスパイ資産である可能性があり、宇宙人の侵略の前触れというよりは、国家安全保障に危険を及ぼす可能性があると懸念を表明した。

背景説明を受けた議員たちの口は重く、情報委員長のアダム・シフ議員(民主党・カリフォルニア州)は、

情報委員長のAdam Bennett Schiff議員
by US House of Representatives

「今回のブリーフィングは目を見張るものであった。確かに、私にとっては新しいことを学びました。しかし、私はこのままにしておきたいと思いま」とだけ語り、具体的な内容については触れなかった。

マイク・クイグリー議員(民主党・イリノイ州)は、

 
Michael Bruce Quigley議員 
by US House Office

「この画期的な報告書は、UFOがようやく真剣に受け止められるようになったことを示しています。この問題に関する政策が大きく変わったということです。これは、私が今まで見てきた中で、最も大きな方針転換ですUFOを目撃したと言っても恥ずかしくなくなったよ」

UFOは、古くは古代エジプトのパピルス文書にも描写されているとされ、これまで数々の目撃証言があったが、確実な証拠がなく、長らく眉唾モノ扱いを受けて来た。

しかし、宇宙にはまだ人間の理解を超えた謎がたくさんあるため、クイグリー議員は、アメリカ人に報告書への期待を抱かせないように注意を促した。

「国民がこれにどう反応するかを予測するとしたら、一言で言えば “失望 “です」

また、ピーター・ウェルチ議員(バージニア州)は、「私はハラハラドキドキしていない」と明らかに不機嫌そうに語った。

Peter Welch議員
by US Government

現在の米軍の100年から1000年先の技術能力を持っているUFO

しかし、ここ数年の間に米海軍が記録しただけでもその数は120回に上っている。

その性能は、時速約2万キロ推進装置や翼もないのに空中や海中を自由に動き回り、地球の重力を遮断する能力があると米軍は推定する。

米軍の技術者は、現在の米軍の100年から1000年先の技術能力を持っていると推測しているという。

ショーン・パトリック・マロニー議員(民主党・ニューヨーク州)は、UFOが国家安全保障上の問題をもたらすと懸念を表明した。

Sean Patrick Maloney議員
by U.S. Congress

UAP(Unidentified Aerial Phenomeno、米軍におけるUFOの呼称)は、米軍将兵の安全や米国の国家安全保障上の問題になると我々は真剣に受けとめました。だからこそ、その詳細をより理解する必要があるのです」

「我々は、米軍関係者の安全と安心、あるいは米国の国家安全保障上の利益に関わるほど、原因不明のUAP(Unidentified Aerial Phenomeno、空中現象、米軍におけるUFOの呼称)の問題を真剣に受け止めており、何を扱っているのかを知りたいと思っている」

エイリアンのものとしか考えられず友好的とは言えない

議員らが受けた説明は次のようなものだったと思われる。

  • このところ米国周辺で多数目撃されているUFOは本物
  • 米国の秘密兵器でなくロシアや中国のものでもない
  • エイリアンのものとしか考えられない
  • その意図は必ずしも友好的と考えるべきではない

UFOは1000年先の技術?

Luis Elizondo氏
by Max Moszkowicz

高度航空脅威識別プログラム(Advanced Aviation Threat Identification Program) 」の元責任者であるルイス・エリゾンド(Luis Elizondo)氏は、UAPが深刻な脅威であると「ワシントン・ポスト」紙に語っている。

「高度航空脅威識別プログラム 」とは、2007年に国防総省がUFO調査を開始したプログラムだ。

このプログラムは、ネバダ州の上院議員であるハリー・リード氏(民主党)の要請で始まった。

リード議員は、1947年にロズウェルの町で起きた宇宙人の墜落事故で採取された遺骨が研究されていると一部で言われる軍事施設「エリア51」の地域を代表する議員である。

ルイス・エリゾンド氏は、元米国陸軍防諜特別捜査官、元国防省情報担当事務次官室の職員、つまり元役人である。

このプログラムは2012年に正式に閉鎖されたが、ルイス・エリゾンド氏は、少なくとも2017年まではパートタイムで作業を続けていたと主張している。

この国では、UAPが干渉して実際に核能力を停止させた事件がありました」と彼は言う。

「また、他の国でもUAPが核技術に干渉し、実際に核技術を起動させたことを示すデータがあります」と述べた。

一説には、UAPは中国やロシアの先進的な航空機ではないかと言われていが、テネシー州の共和党下院議員であるティム・バーチェット氏はそれを否定する。

「馬鹿げていると思う。もしロシアがUFO技術を持っていたら、今頃は我々を支配しているだろう」と語る。

エリゾンド氏はポスト紙に対し、

「我々が扱っているのは何世代にもわたる技術であり、我々が次世代技術と考えているものよりも数世代先、つまり我々が次世代技術よりも先にあると考えているものであると確信しています。50年から1,000年先のことだと考えています」。

「高度航空脅威識別プログラム」の責任者ルイス・エリゾンドとUFO

このエリゾンド氏についてもう少し詳しく触れよう。

エエリゾンド氏が、「高度航空脅威識別プログラム」の責任者に就任した2007年、米国防総省は、2004年にサンディエゴ沖で発生した海兵隊の遭遇シーンを撮影したビデオの正当性を認め、全米で大きな注目を集めた。

このビデオでは、空母ニミッツの2人の海軍F-18戦闘機パイロットが、民間機ほどの大きさの白い楕円形の物体を追いかけている。

2018年と2020年にいくつかの追加ビデオが公開されたことに加え、少数の元国防関係者や、この話題について何度もブリーフィングを受けた複数の議員(中でも元上院院内総務のハリー・リード氏)による一貫した主張が、「UFO問題をめぐる何年もの積み重ね」に貢献したという。

国防総省が提供したビデオの映像は、雲に沿って高く舞い上がり、風に逆らって移動する原因不明の物体を映し出している。

「高度航空脅威識別プログラム」の元責任者であるルイス・エリゾンドは、防衛省の上級幹部がこの問題を十分に真剣に受け止めていないことへの不満から、2017年に辞任した。

CNNによると、懐疑的な国防総省の指導者たちは脅威を無視し、国民に誤解を与え、エリゾンド氏のキャリアにダメージを与えた文書が存在し、その中には、エリゾンドが国防総省の監察官に提出した訴状も含まれているという。

これとは別に、国防総省の内部メールによると、2020年の夏の時点で、国防総省の幹部はUAPについて一般市民に知らせようとする試みに抵抗し、この問題に関する問い合わせを受けても「ノーコメント」を貫くように報道関係者に指示を出していたという。

エリゾンドは、自分のキャリアが頓挫したのは、このようなUFOとの遭遇に対処することを目的としたプログラムに熱心に取り組んだためだと考えている。

また、エリゾンドのような役人が、物体が別の世界から来たものであるという可能性に傾倒しすぎて、この取り組みをSF的なニュアンスで汚してしまったことが原因だと考える人もいる

エリゾンドが提出した監察総監の訴状によれば、UFOに関する彼の研究を上層部が却下したとし、国防総省内やメディアのメンバーが積極的に彼の信用を落とし、弱体化させようとしたと非難している。

訴状の中でエリゾンドは、辞表を提出した直後の2017年10月に、国防総省の高官が「お前は頭がおかしいと言ってやる」と脅し、それが彼のセキュリティクリアランス(秘密取扱者適格性確認制度や資格)に影響を与えると指摘した激しいやり取りを再現している。

翌月エリゾンドは、その高官が「(自分を)追いかける」と言われたと主張しており、その時に弁護士を雇うことを決めたと述べている。

ルイス・エリゾンド(Luis Daniel Elizondo)氏プロフィール

元アメリカ陸軍防諜特別捜査官、国防省情報担当次官室の元職員。

2017年に国防省を辞職した後、To The Stars社にグローバル・セキュリティ&スペシャル・プログラムのディレクターとして入社したが、2020年末に退社。

エリゾンドは主に、現在は廃止された「高度航空脅威識別プログラム(Advanced Aerospace Threat Identification Program)」の責任者として知られている。

このプログラムは、UFO(未確認飛行物体)としても知られるUAP(知られる未確認航空現象)を研究するために、米国防総省によって開始された2200万ドルをかけた特別プログラムであり、UFOビデオの公開にも関連している。

その後、エリゾンドはUFO専門家としてさまざまなメディアに登場しているが、評論家はエリゾンドの信頼性や信憑性に疑問を呈している。

参考:Wikipedia(英語版)

参考元:

カリカリマシーンECO
カナガンデンタルキャットフード

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる