管楽器の練習で音が迷惑にならない方法&コロナ対策の飛沫防止マスク

はてなちゃん

中学生の吹奏楽部で吹いていたフルートの音を取り戻すまで毎日練習したいのですが、近所迷惑にならない方法を教えてください。

そんなあなたの悩みにお応えします。

フルートだけでなく、金管楽器(木管楽器)の練習が近所迷惑なのは確かです。

まあ、金管だけでなく楽器演奏はすべて近所迷惑ですが。

しかし、それでは楽器の練習できないことになってしまいます。

そこで、迷惑をかけずに練習できる方法を考えてみました。

目次

部屋を防音化

まず最も理想的な方法は、演奏する部屋を防音化することです。

しかし、これには高額な費用がかかります。

ちゃんと工事すると6畳の部屋で200-300万円かかるようです。

DIYで安く防音化

安くあげるためには自分で工事するしかありません。

材料はAmazonや楽天なそで手に入ります。

防音には次の要素が必要だと言われています。

吸音」音のエネルギーを吸収する。

遮音」音を反射して通らないようにする。

防振」振動を吸収#する。

吸音ボード、防音シート等を購入して、強力な両面テープを使い、壁などに貼って行きます。

窓は塞いだほうが良いでしょうが、塞げない場合には防音カーテンを使用します。

「簡易防音室」を買う

最近では、部屋に入れられる「簡易防音室」が販売されています。

宮地楽器という会社が楽天等で販売しています。

決して安くはありませんが、防音工事をするよりは安く済みますし、部屋を傷つけずに済みますので、特に賃貸の人にありがたい商品です。

別の会社の商品もあるようです。

created by Rinker
ノーブランド品
¥158,400 (2021/01/25 03:39:48時点 Amazon調べ-詳細)

最も安く済む方法

最もおカネのかからない方法は、ひと気のない河原とかに行って吹くことですが、大きなの河川や大きなの公園が近くにない人には使えない手です。

また、天気にも左右されますし、人がまったくいないということも考えられませんので、上手くないうちは恥ずかしいということもあります。

次に、防音室より安い方法を考えてみましょう。

ミュート器を購入する

トランペットやトロンボーンだとサイレンサー(ミュート)が販売されています。

昔と違って電子化されていて、いろいろなことができます。

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥24,332 (2021/01/25 12:19:59時点 Amazon調べ-詳細)

フルートのミュート器が誕生

ではフルートはどうかと言うと、ミュートがありませんでした。

が、最近、フルート用のミュートを開発した会社があります。

その商品名は、「VOLUME ADJUSTER – didi」。

笛工房アイハラ」という会社でそこのサイトによれば、

本製品は吹き口部分に、制限を加えることで弱音に/効率化させることで強音を出す仕組みとなっております。製品の特性上、吹き方や設定方法により個人差が生じますので、使い慣れて頂くことで【didi】本来が持つ機能を最大限にご活用頂けると思います。
 
効果目安:
弱音器→通常演奏時のおよそ半分以下の音量になります。
強音器→ヘッカ・アドラー等と呼ばれる効果と似ており、密度の濃い音になります。取り外しが可能ですので、アドラー等が付いていると起こる弊害をいつでも解除することが出来ます。

引用元 笛工房アイハラ

ネジ付きかどうかで2種類あって、価格は以下のとおり。

 Type01
¥18,000 (税込)
 
Type02 ネジ付
¥25,000 (税込)

下のYouTubeをお聞きください。確かに響かなくはなっていますが、それほど弱温しているようには聞こえませんでしたが、ご自分のも耳でご判断ください。

カラオケルームを利用する

カラオケルームを練習場とする方法もあります。

「コート・ダジュール」と「ジャンボカラオケ広場」は楽器演奏がOKです。

それ以外のカラオケ店は、OKな場合とダメな場合があるようなので、問い合わせてみてください。

管楽器の音での迷惑を軽減する「まとめ」

金管楽器を練習しても迷惑をかけない方法【安い順】

  • ひと気のない河原とか大きな公園とか森の中で演奏する
  • カラオケルームを利用する(「コート・ダジュール」と「ジャンボカラオケ広場」はOK)
  • ミュート器を購入して楽器に装着して練習する
  • DIYで部屋を防音化する
  • 簡易防音室を買う
  • 業者に部屋を防音化してもらる

ひとに迷惑をかけないコロナ対策

管楽器は吹けば飛沫が飛びますので、新型コロナ感染者が吹くと、ウィルスを感染させやすいかもしれません。

そこでコロナ対策の2つの商品をご紹介。

画像引用元: ドルチェ

1つめは、「フルートセーフティガード」。

ホルダー、アーム、サブフォルダーをフルートに装着し、マスクをセット。

金管フルートのみ対応で、木管フルート、アルトフルートには使用できません。

セーフティホルダーと専用マスク10枚のセットで、3300円。別売りの交換用マスクは30枚550円(税込)。

画像引用元: 島村楽器

2つめは、「シリカクリン 管楽器用 抗菌消臭立体マスク」。フルート以外のすべての管楽器に対応。

  • カラー:ホワイト、ライトグレー、ブラック
  • サイズ:S、M
  • 価格:1848円(税込)

※現在、見つかりません。

コロナ対策飛沫防止の「まとめ」

フルート用の「セーフティガード」が販売されている。

フルート以外の「管楽器用抗菌消臭立体マスク」が販売されている。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる